認印の役割とは?

未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

認印とはどのようなハンコでしょうか。認印は日常的に使われるハンコと言われています。認印は実印と違い、印鑑登録をする必要がありません。そのため自分の名前が入っていれば認印として利用することが可能になります。

認印認印と実印の違いはどこにあるのでしょうか。まず実印と認印は使う場面が違います。実印を使う場面は車のローンを組む時や保険の契約をするときなど重要な契約をする時に使います。一方で宅配便や回覧板の確認の時に打つのが認印です。

実印を利用するには自分の住んでいる地域の役所で印鑑登録をしなければいけませんが、認印の場合には印鑑登録をする必要はありません。また認印の特徴としては実印や銀行印よりも小さいサイズにするのが一般的だと言われています。認印としてシャチハタがありますが、シャチハタはゴム製であることから印鑑の側面が変形する恐れがあります。そのようなことから認印を購入する際にはシャチハタ意外にも実際に朱肉を使うハンコを持つことが重要になるでしょう。

このように実印が重要な契約で使うのに対して認印は実際の生活の中で使う場面が多いハンコになります。どちらも生活をする中では必要なものになります。普段の生活が忙しく、なかなか購入する機会がない人には印鑑通販サイトがオススメです。